カテゴリ:旅 フランス( 5 )

突然ですが、姉夫婦がパリに旅立った。。。
今頃はエッフェル塔の前の芝生で、ワインで乾杯でもしてるのかしら、、、♥
いいないいなー羨ましい。思い起こせば、2年前のあさひの生まれた日にワタシたちはフランスに辿りついた。。ニンプ時代中にブログでフランス記をまとめるつもりだったけど、、、途中のまんま。。パリいいなー♥って気持ちが蘇り、ワタシも改めて旅のつづきをまた綴り始めることにした。。。

遡って、2004年5月30日。
リヨンからロワール地方へ向かう。今日明日はフランスの祭日にあたるため、ほぼ一日バスの旅になる。途中ブールジュにて、12世紀に造られたサンテティエンヌ大聖堂を見学。世界遺産に指定されている。
f0070875_8533317.jpg

f0070875_9282318.jpg

↓全部で何体(人?)あるんだろう?
f0070875_912073.jpg

渋い色調の中の鮮やかな色彩たち。
f0070875_922397.jpg

f0070875_932658.jpg

f0070875_942488.jpg

f0070875_951444.jpg

f0070875_961334.jpg

f0070875_9294528.jpg

f0070875_931834.jpg

厳かな教会である。ステンドグラスから差し込む光がとても綺麗で見入っていた。
私は幼稚園がカトリックの小さな教会で、聖書や聖歌を歌い、小さい頃から寝る前には神様にお祈りしてた。人は神が土で形づくり、そこに息を吹きかけてできたのがアダムとイブだと聖書にあると、それを本気で、信じるような子だった。今では祈りをささげることはなくなったが、なんとも神聖な気分になった。
ブールジュの街を散策。祭日なので、どこもお休みで静かで人も歩いてない。街中にあるかわいい看板たちが印象的。これは犬のフンをお持ち帰り用袋の看板。
f0070875_9481768.jpg
f0070875_95014100.jpg
f0070875_951743.jpg
f0070875_952197.jpg
f0070875_9531938.jpg
f0070875_9541996.jpg

どれをとっても、セイカツの一部でも、おとぎばなしを切り抜いたような街並。人がいないから余計にそう思えるのかも。。。かわいいね。
[PR]
早起きしてアルルの朝市へ出かけた。今日も青い空が気持ちがいい。
f0070875_21182153.jpg
f0070875_21194097.jpg

中世の村、岩を切りくずして出来た村、、、レ・ボー。(アルル〜レボー19km)
f0070875_21275480.jpg
f0070875_2131524.jpg

f0070875_2132687.jpg
f0070875_21333685.jpg
f0070875_21344049.jpg
f0070875_21354910.jpg

レ・ボーをあとにして、世界遺産に指定されているローマ時代の水道橋ポンデユガール。(レボー〜ポンデュガール51km)2000年前に造られた橋。
f0070875_21455574.jpg

f0070875_21473388.jpg

f0070875_21512373.jpg

1000年以上生きてるオリーブの木の根っこ。なんだかたくましい。
f0070875_21492390.jpg

今日のランチは本場のラタトィユ。
f0070875_2153045.jpg

途中のサービスエリアのひと休み。
f0070875_21573736.jpg

そしてリヨンへ。金色のキリスト。(〜リヨン233km)
f0070875_2252042.jpg

f0070875_2262132.jpg

高台から見下ろすリヨンの街並。
f0070875_2272145.jpg

今日の旅はここまで。
この日の夜、、、事件は起きた。りょうちゃんが日本から持参した「いいちこ」。一日の旅の疲れを部屋でいいちこで癒すのが日課となってた。日本と変わらない夜のワンシーン。しかもいいちこ2パック(1800ml)をトランクに詰めて来た。昼間はワイン。夜はいいちこ。
今日もいつものようにベッドで飲んでた。旅も4日目でそろそろ疲れが出たのだろう。コップをもったままいつの間にか寝たらしく、、、、夜中にビクっとなった瞬間、いいちこをかぶってた。
顔もベッドもいいちこ風味。こうしてリヨンの夜は更けて行った。
[PR]
いよいよニースを出発し、今日はアルルへ向かう。今日も天気が良く気持ちがいい。
途中バスからTGV(フランス新幹線)が通り過ぎるのをみれた。
f0070875_10472196.jpg

赤じゅうたんで有名なカンヌでひと休み。テレビに映る映画祭の建物が意外とこじんまり日本の公民館のようだ。(ニース〜カンヌ間34km)
f0070875_1035890.jpg

f0070875_1049321.jpg

水の都とセザンヌの街、、エクス・アン・プロヴァンスへ(カンヌ〜エクス・アン・プロヴァンス間153km)
ジェネラルドゴール広場の1860年に造られた大噴水。
f0070875_2011892.jpg

ミラボー通り。ジプシーが多いのでスリなどに注意と言われちょっとびびる。
f0070875_201596.jpg

カフェの上にもかわいい彫刻。
f0070875_20381223.jpg

この日も気温は高かったが、街の街路樹のキラキラした木漏れ日が気持ちがいい。
f0070875_20173242.jpg

サンソヴール大聖堂。
f0070875_2043075.jpg

セザンヌのアトリエに続く道。
f0070875_20193750.jpg

f0070875_20404469.jpg

そしてアトリエ。
f0070875_2021633.jpg

そして窓辺で眠る猫。
f0070875_20274490.jpg

今日の目的地ゴッホの街アルルへ(〜アルル 77km)
ゴッホの跳ね橋。実際は戦争で失ったが、ここに復元された。近所の子供が、跳ね橋の上から川へジャンプできたらお金をくれ!とアピールしてた。
f0070875_2047246.jpg

f0070875_20513217.jpg

円形闘技場前の彫刻。
f0070875_20532514.jpg

2000年前のローマ遺跡。もはやこの柱2本しか当時のものは残ってない。
f0070875_20555862.jpg

ゴッホの描いた黄色いカフェ。フォーラム広場のカフェ・ヴァン・ゴッホ。
f0070875_2113718.jpg

今日、お泊まりしたお部屋。プロバンス柄のシーツに壁には黄色いカフェのゴッホの絵。
f0070875_2133736.jpg

窓から見える街並。アルルの街はレンガ色。さびれた素朴な街だった。
f0070875_2185072.jpg

[PR]
5月27日(木)
早起きして、ニースの街を散歩。まだ街は眠ってる。ここはニース、、、夢ではない。
コートダジュールの青い海。気持ちのいい朝。
f0070875_22375599.jpg

f0070875_22374068.jpg

宿泊したホテル。QUALITY ACROPOLE
f0070875_1730633.jpg

f0070875_17381768.jpg
f0070875_17384216.jpg
f0070875_17542912.jpg
静かな朝。朝日がまぶしい。ベージュやピンクやオリーブ色、、、ニースの景観はそんなあたたかなかわいい色で統一されてた。
f0070875_1958322.jpg

フランスではポストは黄色。トレンドマークのツバメ。

午前中はニース市内観光に出かけた。
まずは朝市。
f0070875_19331275.jpg

マルシェで店番のワンコ。しっかりカメラ目線。
いろとりどりの新鮮な魚介や野菜とフルーツ。かわいい砂糖菓子たち。
f0070875_1934142.jpg

f0070875_19342636.jpg

f0070875_1935671.jpg

f0070875_19354185.jpg

バラ園。いい季節にきた。きれいに咲き誇ってる。
f0070875_19461875.jpg

f0070875_19515887.jpg

シャガール美術館。庭にて。
見渡せば、同じツアーの日本人ばかり。首から一眼レフ下げて、みんなお金と時間に余裕のある熟年カップルがほとんどだった。あと同じく新婚カップルがもう一組。
木陰で休んでるおじいちゃん、おばあちゃん、このツアーの最高年齢カップル。ほほえましくて写真に納める。お食事タイムももちろん日本人ばかりのテーブルで食べるのだけど、、、この最高年齢カップルは、子育ても終え、老後にフランス。このまま帰りのひこうきが落ちて夫婦一緒に死ねたらというのが願望らしいが、、、新婚旅行の私達には縁起でもない話。
この歳になっても仲良くフランス旅行、、、私の夢である。
f0070875_19523499.jpg

ランチに本場ニースサラダを食べる。午後はモナコへ。。
モナコへ向かう途中の丘の上からとった湾。
ヨーロッパのセレブたちがここに船を止めて、モナコにくり出すらしい。
ちょうどF1が開催されてたからまだ船が泊まってる。。。
f0070875_20182174.jpg

モナコ大聖堂。
f0070875_2021955.jpg

モナコに嫁いだグレースケリーのお墓。
f0070875_20214480.jpg

先日開催のモナコグランプリレースコースの名残。
f0070875_202317.jpg

モナコを後にして、崖の上にある鷹の巣村エズへ。
おとぎ話に出てきそうな、石造りのかわいい小さな村である。
f0070875_20375189.jpg
f0070875_20381236.jpg

[PR]
結婚して2年目の2004年。新婚旅行で念願のフランスへついに飛び立った。
今さらだけど、素敵な14日間を少しづつ振り返ってみようと思う。

5月26日(水)
朝、6時半起床。こういう大イベント、旅行という肝心な時に私は必ずといっていいほど体調をこわす。キンチョーのせいもあり、あまり眠れなかった。ツアーとはいえ、ヨーロッパはビザは不要なものの何かと用意に手間がかかった。プラグだとか、ユーロに換金とか、、、。それに2週間というたっぷりな時間のため何かと荷物もかかるのだ、、、。そんなこんなで不安を多少かかえつつ、車で成田へ。いつも誰かにくっついての旅だったので、二人で海外というのは心細いが、なんとかがんばろうと思った。

いよいよ12時5分発。エールフランス275便。
機内は思ったより狭く、りょうちゃんは窓ぎわをゲットしたものの残念ながら羽の上。しかも飛んですぐ窓のシャッターを締めて下さいと言われ、、、これまた残念。お昼寝モードかランチが終わるとほぼライトは消され、寝るしかない。。。最初にスチュワートがドリンクを伺いに来た。オレンジJ、トマトJ、りんごJ、シャンパンetc....フランス人なのかなーと思い、私は初フランス語で「pomme!(ポンム:りんご)」と答えた。笑顔で、、初めて通じたフランス語「pomme!」感動である。

日本時間pm5:45。約6時間たつ。4568キロ飛んで来た。ただいまロシア上空?らしい。やや気流が不安定なようで、たまにぐらーんとなる。その度に、ああ、だめかなーと不安になる。あと、約半分でとりあえずパリ着。先日ニュースになったシャルルドゴール空港である。そこをのりついでニースヘ。

日本時間pm8:00。現地時間pm1:00。
寝たり起きたリガイドブック見たり、フランス語の勉強したりとあっというまに残り5時間弱。
時差は7時間ほど。トイレ休憩で席をたつと奥のカウンターで日本人客がカップラーメンを食べていた。エールフランスがほのかにカップラーメン臭が漂い、私はバニラアイスをもらった。あともう少し、、、だ。とりあえずパリまでは。

現地時間pm5:10。パリ着。
f0070875_21575948.jpg

まだ昼間のように明るい。ここでフランス入国審査をして、ニースへ。国内線にのりつぐ。入国審査で思いがけずひっかかった。手荷物の中のポーチにちいさいハサミが入ってただ、、、。とりあげられて済んだけど、めちゃくちゃ睨まれて怖かった。ゴメンなさい。あとから聞いたことだが、崩落したターミナルがホントは搭乗口だったらしい。もし2、3日私達が早く着く予定なら、、、あぶなかった。ターミナルの屋根は未だ崩落したままだった。入国審査を終え、ニースまでの乗り継ぎまで約1時間弱。お土産やでエッフェル塔のポストカードを買った。売店でvittelを購入。擬古値ないフランス語もなんとか通じた。空はpm7:30なのに、まだまだ明るい。日本は夜中の 2:30だ。さすがにだんだん眠くなって来た。
f0070875_2205762.jpg

↑機内食けっこうおいしかった。

pm9:05。ついにニースに着いた。バスでホテルに向かう途中、きらびやかな街並。ひときわ目立つホテル、、ネグレスコ。昭和天皇が泊まったとか。ホントに夢のような光景だった。南仏からはじまる、パリへと向かう旅の始まりだ。。。
[PR]