カテゴリ:0ヶ月( 2 )

旭がウチに 帰ってから、お七夜そして、相次いで両家の訪問客を招き、慌ただしく1週間が過ぎた。もちろん私はひきつづき母乳の格闘の日々。そして、今実家に里帰りして、どっと疲れが出たのか、実家に帰った初日はぐっすり眠ってしまった。。。

私の毎日は母乳を2〜3時間起きにあげて、寝かしてる間に乳しぼりして、それでも足りないようならミルクを足し、おむつを替え、、、、ひたすら昼夜問わず、これの繰り返し。ミルクに切り替えるのは簡単だけど、私は完全母乳育児を希望なので、、ここは根気比べだ。入院中は20分近くぶっ続けで、母乳を与えてゴクゴク飲めてるようなのに、体重計で測ってみると0g、、、一滴も飲めてなかった。家に帰ってからも、どれくらい飲めてるのかわかんないから、とりあえず、あらゆるやり方で試してみる。母やおばあちゃんは母乳が良く出るようにと、いろんなバリエーションのわかめスープを作ってくれる。搾乳のしすぎか、だんだん胸も痛くなってきて、お乳の出も心配だった。。。ネットで桶谷式乳房管理法研鑽会というのを見つけて、実家から近い下高井戸の高木助産院に出かけた。(17日)りょうパパと旭と3人で初めての外出になる。けっこう母乳で悩んでる人は多いらしく、なかなか予約は取りづらかった。手技式おっぱいマッサージをしてくれて、お乳の出を良くしてくれて、旭の吸い方を見てくれて、抱き方指導や育児のエピソードなどを気さくに話してくれて何かと溜めになった。お乳を飲む前と飲んだ後で体重も測ってみると60g飲めてた。先生曰く、これは初めての母乳育児の中では飲めてる方なのだとか。体重も生後22日の今日で3594g、、確実に増えてる。良かった、、、ひと安心。少しの不安が解消され、またこれで母乳で頑張ろう!と決意する。。みんなここで飲めてるか不安からミルクを足し、だんだん母乳をやめていく人が多いと言う。わたしは母にしかできない母乳をなんとしても貫きたい思いがある。それもちょっと自信がついたので、、ネットで授乳ケープを購入することにした。これさえあれば、外出時も授乳OKってことになる。
f0070875_0353950.jpg

(↑待合室で隣の赤ちゃんを見てる旭。)
ちなみにあれだけ入院中にぜんぜんお乳を吸えてなかった旭がなぜ飲めるようになったか、、、?それは”おしゃぶり”と”母乳相談室”のおかげ。これでだいぶあごの力と吸う力がついたんだと思う。
f0070875_0335454.jpg

[PR]
by macaron5 | 2006-06-22 23:27 | 0ヶ月
黄疸のリバウンドもなく、ようやく一安心で我が家に旭が帰って来た。
おかえり。Welcome!あさひ。
私もりょうパパも、クリームもあなたのベッドもみんな待ってたよ。
f0070875_2340654.jpg

慣れない手つきで抱っこし、マメにおむつを替え、まだおぼつかないコンビの母乳訓練の日々。りょうパパ担当のお風呂にも気持ち良さそうに身を任せ、寝息をたててスヤスヤ眠る。
こんなにちいちゃい旭が一生懸命お乳を吸って疲れきってねむったり、肩で息きらしたり、大きなゲップがやっと出た時やアヘアヘ泣いたり、、、そんな姿に癒され、笑わされ、頑張ろうと思う毎日。
f0070875_2339053.jpg

[PR]
by macaron5 | 2006-06-18 23:36 | 0ヶ月