カテゴリ:2ヶ月( 19 )

HUG

あさひも夢をみるようだ。
寝てる間に突然ギャ—と泣き出す時もあれば、引き笑いをしてる時もある。泣く時は起こして、大丈夫とぎゅっとしてあげる。。。
お昼寝のときも、、一人でねるのが寂しいのか、眠りにつくまで、ワタシの服や手を掴んでる。
しばらくして、気配を感じないのに気付くのか、、、またギャーっと泣く。
そんなあさひの眠りのお供に、お友達。
コワイ夢なら食べてしまえ〜とバクのぬいぐるみ。名前は”大和田さん”にした。
大和田さんとはすっかり仲良し。触感もフワフワで気持ちいいので、噛んだり、掴んだり、いろいろだ。。
f0070875_22564990.jpg

今日も大和田さんと一緒におやすみ
f0070875_2257282.jpg

[PR]
by macaron5 | 2006-08-25 22:57 | 2ヶ月
実家に帰ってるついでに、下高井戸の桶谷式母乳相談(高木助産院)に行く。
初めてここに来た時は、まだあさひが母乳で飲めてるか飲めてないかの心配で、ミルクと混合しつつ体重も増えているかと心配だらけの生後一ヶ月足らずのときだった。あの時、ここに来てから母乳で行けそう!と自信をつけて、それ以来完母を通してる。相変わらず母乳で悩みを抱えてるママたちは多く、子を連れて待ち合い室は入れ替わり立ち代わりだった。
高木さんに、今までの経緯を話す。出産の時に尾骨がやっぱり骨折してた事や、風邪を2度もひいたことや、そして、また今度は肋骨骨折して実家に帰ってることなどなど。。。
まぁ、なんかのドラマのように次々といろんなことが巻き起こってるわね〜と明るく言われた。次週は、、、どんな?って感じって。いえいえ、次週はないです。。これで終わりにしたい、、、とワタシ。そうねそうね、、、これが最週回ね、、、と高木さん。
そりゃあ、骨折だったら思うように授乳もあげられず大変だったわね。。と見て分かるらしく、片方が酷使してるらしい。せっかく里帰りから戻って、頑張って育児して、、、なのに、それはそれは辛かったわね〜。育児は待ったなしだからね〜と今度は慰めてくれる。
あさひを見て、あさひくんは母乳が十分足りてるようだし、ママは大変だけど、この子は幸せだぁッと言ってくれた。泣く時全てがおなかが空いてる訳ではないし、、やたらにお乳を与えなくてもいいわよと言われた。まわりは泣くとすぐにお乳が足りないのかしらというから。最初の頃に比べて続けてよく寝るようになったけど、その反面、授乳の感覚があくと、今度は胸がカチカチに固くなって痛い。。。でも眠い、、でも痛い、、結構葛藤!でも、そのまま間隔あけ過ぎると卵巣がもう母乳は必要ないのかと分泌をやめるように働いて断乳してしまうんだって。だから1歳まで授乳したければ、1歳のやめるときまで、夜中は3〜4時間毎に飲ませなければならないって。そうすると乳幼児突然死の予防にもなるって。がんばろ!乳質はいいと誉められた。桶谷式の場合、、、よいお乳のためには食事を気をつけなければならないとニンプ並に制限がある。乳製品はだめとか三食ごはんと高脂質高カロリーはだめ、などいろいろ。もちろんそんなのは徹底してないけど。あまり気にせず、乳製品や、、、の取り過ぎると湿疹がでたりするし、あかちゃんも嫌がるって。。今のところ、あさひはまだ湿疹はおかげさまで出ていない。。ワタシも多少のアレルギーがあるから、その辺のスキンケアはしっかりしてあげる。たとえ、アレルギーになったとしても、それは持って生まれた癖のようなものだからうまく付き合って行けばイイ、、深刻に考える程ではないと言われた。母やまわりの人たちが、育児や母乳に関していろいろ言われると素直に聞けない事があるけど、こういう人にいろいろ言われると素直に納得して聞ける。そして、プレッシャーや疑問をその人なりの意見ではあるけど、心をほぐしてくれる。

待合室では、母があさひを見てくれてた。入れ替わり来るママと子の中で唯一の”おばあちゃん”もどうやら”あさひのママ”に間違えられたらしい。。。嬉しかったらしいけど。かなりの高齢出産?てことになる。。。待合室からあやす母の声だけが聞こえてくる。
f0070875_2134456.jpg

最初に来た時、このプレイマットのおもちゃをぼーっと見てるか見てないか、、、興味ゼロだったのが、こんなにしっかりぶっちぎりそうな程。。。力いっぱい掴んでる。

抱っこができないワタシに代わって、代わりに母が抱っこする。この期におよんで、だっこヒモの装着を教える。。あさひをあやすことに全身全霊を使い果たす母は、もはやあさひとの二人の世界に入り込むとまわりが見えなくなる。そこが家だろうが、外だろうが、薬局だろうが、ファミレスだろうが、、、あさひがぐずれば、また一人ミュージカルのように歌い、踊り、しゃべりまくる。さすがに、6キロ超えたあさひは相当身体にこたえるらしい。大丈夫!大丈夫!と振舞うけれど実際、母も肋骨治ったばかりだし、、。蹴られても笑って、コラっ!みたいな。。きっとまたワタシたちが帰ったらどっと疲れがでてしまうと思う。今は気力だけであさひを抱っこしてるようなものだから。
f0070875_21295853.jpg

↑ぐずりだしたあさひをあやす。そこはジョナサンでもどこでも二人の世界、、、家と化す。

明日であさひも3ヶ月を迎える。ワタシももうすぐ家へ帰ろう。
そして、また改めてあさひとワタシとお風呂屋さん(りょうパパ)と一からはじめよう。
[PR]
by macaron5 | 2006-08-25 17:14 | 2ヶ月
経過をみるため実家そばの整形外科にいく。曖昧だけど多分骨折してからは二週間が過ぎた。念のため尾骨の事も話したら、ついでにレントゲン撮ってくれた。やっぱり変わらず肋骨骨折。肋骨は全治四週間が基本で骨自体は完治するのに二か月かかるそうだ。尾骨の方も初めて見たけど予想通り骨折してた…やっぱり(>_<)。肋骨骨折がわかった時、この痛みが骨折なら尾骨も折れてるなと思った。出産の時にわざと尾骨を折る事があるらしい。あさひはそこに引っ掛かってたらしいから止む終えなかったのかな?あの時ポキっと体の中から音がしたし…無痛とはいえ折られてやはり痛かった。こちらは全治六週間だった。尾骨は六週間経ってるけどいまだに痛いんですけど(-.-;)。痛いのは治ってない証拠だから痛い事はしないように言われた。尾骨の場合立ったり座ったりが痛いけど、それをしないわけにはいかない。骨は一度折って無茶すると変な着き方するし癖になるといわれた。それに治っても雨が降るとシクシク痛むらしい。雨が降りそうな曇り空は昔からワタシの不調は多い。梅雨時や台風が来る時には最悪。肩凝りや偏頭痛…それにまたひとつ加わった。気圧
?湿度のせい?ああ三十代にして、これから先、一生うまく付き合って行かなきゃなんないのか…やれやれ。
早く治さなきゃと気持ちばかり焦る。抱っこも極力しないようにしてる。早く三人のセイカツを再スタートさせるために。あさひにもりょうパパにも申し訳ない。おかあさんは家族の中でいつも明るく元気な存在だから。いつまでも寝込んでいるようじゃダメだな~。自分が一番痛みとジレンマで辛いけど、こんな事これからないように心掛けなきゃ。親子三人ひとりが寝込んでも欠けてもダメなのだから。
[PR]
by macaron5 | 2006-08-22 10:36 | 2ヶ月
f0070875_0174768.jpg
あさひの夏休み。
おばあちゃん家に来てできたこと。。。それは”にぎる”でした。

何度にぎらせてもポロンって落としてたのに、、、ここにきて


す、すごーい!にぎってるーっじゃーん!


しかもすごい勢いでぶるんぶるん振り回してるよ〜!
いつも部屋の天井を見上げてばかりのあさひも首を動かしてあたりを見回すようになってた。
寝てる間に車で自宅からおばあちゃん家に移動したから、、、周りを見回して違いを感じたのかな?それとも里帰りのときのどこかなつかしい感覚を思い出してるのかな?

最初は手足をバタバタさせて泣いてるだけだったのが、、、
指を動かしてなにかを表現するようになり、、、
そのうち、、、あさひなりのことばで話かける。。。
たまにしか見せない屈託のない笑顔の回数も日に日に増えていき、、、
まわりに幸せを振りまく。。。
そしてモノを掴めるようになった。。。。
少しずつだけど、日に日にあさひは大きくなってる。身も心も。
毎日釘付けで見逃せない。。。
[PR]
by macaron5 | 2006-08-21 00:11 | 2ヶ月
f0070875_23223832.jpg
あさひはよくサインを送る。



生まれた瞬間から両方の小指がたって誕生したのだけど、ホントに手、指をよく動かす。


お腹が空くと、もちろん泣いて知らせるのだけど、飲ませ終わってもモノ足りないときは、人さし指と親指をくっつけて、”あとちょっとだけ、、、”とサインを送る。


”あとちょっと”といいつつそれを口にもってくと、まるで”あと一杯”とお願いしてるかのようだ。


そのほかにも人さし指をたてて”1”とやってみたり、左手をこぶしであげて”おーっ!”とよくやる。お乳を飲んでる時も両手が組んでいたり、ひじ付いてるようだったり、、、、。
小指をたてて両手を動かすと坂上二郎のようだし、、、片手だけほっぺにつけてると”ヴォーノ、、、おいしかったぁ?”と話かける。


最近はよく笑い話すようにもなって、、、ワタシたちの会話にタイミングよく”はーい”と言われた時は、生後3ヶ月あまりにして恐るべしと思う。。。りょうパパが話し終わる途中に”うん”といってまるでツッコミを入れられたようなときもあった。


サインもあさひ語もワタシたちの勝手な解釈で、ホントのところあさひは”適当だな〜っ!違うよ”って言ってるのかもしれないけど、ワタシは楽しんでる。勘違いかも?の解釈で、通じてるようで通じてない、、、でもきっとなにかは伝わってる。ワタシが話しかけてるように、あさひもいっぱいおしゃべりしたいんだ。。。だからワタシも一生懸命答える。
同じ時間を共有してる。
勝手なおしゃべり。








写真の一番下は”まいったな”と苦笑いだな。

f0070875_23523562.jpg











そして今日も首座り特訓。。。
あともう少しなんだけどな〜。まだ首は座らない。
手をしゃぶってなんだか眠そうだ。。。
[PR]
by macaron5 | 2006-08-20 23:22 | 2ヶ月
ワタシの骨折のせいで、再び実家に帰っています。
育児書では生後6ヶ月までは父親を認識しないと聞いて、ショックを受けつつ、りょうパパはあさひに”おふろやさん”だよと接していた。(だからって”おふろやさん”もどうかな?とは思うけど。)ようやくあさひも”おふろやさん”のりょうパパに慣れて来てた。お風呂入れても泣かなくなったし、夕飯の支度に忙しいりょうパパに代わってたまにワタシがお風呂入れても、ちゃんとあさひに今日はあさひの代わりにじゃがいもやにんじんさんをお風呂に入れて”おふろやさん”は忙しいんだよ、、、と言い訳し、肉じゃがが夕飯にでてきた。抱っこ紐があれば、あさひを簡単に寝かす事もできるようになって、、、そんなことに日々喜びを感じていたりょうパパだったが、、、ワタシの骨折事件。。。
そんな”おふろやさん”は、きっと葛藤の末、”あさひー夏休みだから、おばあちゃん家に遊びに行っておいでー”と言ってくれた。ワタシにも”少し休めってことなんだよ”とねぎらってくれた。申し訳ない。”おふろやさん”の父とあさひのしばし別れの瞬間だった。

ワタシはまた実家に戻り、久しぶりに寝る三昧のセイカツだった。もちろん2〜3時間おきの授乳の度におきる身体になってるのだけど。。それでも久しぶりに寝たぁ!って実感してた。
あさひは、セイカツペース乱す事なく、いつもの日常だった。ただそこには”おふろやさん”はいなく、代わりにあさひの前で踊ったリ歌ったりを必要以上にしている”おばあちゃん”がいた。あさひもだんだん目も見えて来て反応がよく、よく笑うようになって、それがうれしくさらにハッスルばあちゃんと化した。実はおばあちゃん、、、ここだけの話、、。
今からさかのぼる事一ヶ月半前__ワタシが里帰りから自宅に帰った日。。。前々から行きたいと言ってた最近流行りの”岩盤浴”に里帰りお疲れさまの感謝の意を込めてプレゼントで行ってもらった。妹とふたりで。そこの岩盤浴は、タイ古式マッサージが付いてる。。最初に10分岩盤浴で、それからタイ古式マッサージ、最後にたっぷり岩盤浴らしく、、。タイ古式マッサージの最中、最後の決めのポーズ?のときにボキッといや〜な音が身体の中からしたらしく、、、イテッ!と言って、、、、そのまま救急車で運ばれた。母もまた肋骨骨折全治一カ月だった。結局妹も母も岩盤欲を満喫できず、ハードなマッサージのおかげでかえってぐったりして帰ったらしい。。。結局戻って来たお金で空気清浄器付き除湿器を買った。。母の肋骨が治った矢先のワタシの肋骨骨折。痛みが分かる分、とても献身的に協力してくれてる。母の肋骨が治ってくれててホントによかった。それにしても親子してついてないなーとつくづく思った。

5日ぶりの土曜日。
りょうパパが実家に来た。ワタシたちがいない分、りょうパパにもぐっすり眠ってほしかったのに、、、あさひの泣き声がない部屋はやけに寂しく感じたらしいし、身体もすっかり育児慣れで結局早く起きる癖ができてしまったらしい(毎朝、あさひは5時になぜかウーンウーンとうなってワタシたちを起こす)。。。土曜も必要以上に早く起きて、ふろ掃除をし(←やっぱり”おふろやさん”)出かける時間を待ち構えてると電話が来た。。。いいよ、早くおいでよ。もちろんこっちも早起きだからさー。
そうして、5日ぶりのご対面。ようやく分かりかけたあさひに忘れられちゃうんじゃないかと心配してたけど、、、抱っこしてしばらくジーッとみつめあい、、、あさひがニコッと笑った。
まるで、りょうパパにとっては合格、不合格と言われるような想いだったと思う。
よかった!合格!りょうパパも嬉しそう。
この期におよんで、”おふろやさんもお盆休みで帰っていましたぁ。冲縄から飛行機でジャブジャブしに飛んで来ましたぁ。(←どうやら冲縄出身の設定みたい)”とあさひにいいわけしてた。あくまでも6ヶ月までは”おふろやさん”で通すみたい。。。あと3ヶ月。
”おふろやさん”から”おとうさん”に昇格する時、あさひになんて言い訳するんだろう?
その瞬間が楽しみだ。
f0070875_21234897.jpg

[PR]
by macaron5 | 2006-08-20 20:47 | 2ヶ月
そういえば、木曜日。
また来週来て下さいと言われて小児科へ再び。
まぁ、前回偵察かねていったから最初から心配するほどの悩みはなかったのだけど、とりあえず、、タダだし。吐くから一週間様子見て体重測定とのことだったけど、日曜のジャスコですでに結果はご承知のとおり、、、木曜で5850gでした。一日に30g増えてる様子。十分過ぎるほどの成長ぶりだそうだ。どうみても健康優良児あさひ、、、問題なし。

ちなみにワタシは出産時11キロ増えた体重があと残すところ1.5キロで元にもどる。なんとか無理矢理当時のジーパンが入るようになった。。ことにしとく。
どうせならあともう少し痩せれるといいんだけど、、、。
体重は減るが伸びた皮は未だもどらず。。。調子にのって誰よりもおなかが大きかったワタシは、この際めざせ腹周り1m!なんていってる場合じゃなかった。(泣)
産後半年が勝負というからあとのこり3ヶ月ちょっと。、、、そんな矢先の骨折。。トホホ。
いかんいかん!前向きに前向きに。。。

あさひは順調に成長し、ワタシは順調に元の姿へ、、、?
反動であさひと一緒に増え続ける事がないように、、、痩せるなら今がチャンス!
あさひがモノゴコロ付く時にきれいなママでいられるように。。。
[PR]
by macaron5 | 2006-08-12 22:48 | 2ヶ月
2、3日前、お風呂からあがったあさひをバスタオルで受取り、いつものようにベビーベッドに寝かせ、身体をふいて、着替えさせてた。中腰で耳掃除をしようとワタシの身体を伸ばした時、ベビーベッドのへりで脇腹を一瞬ぐりっとこすった。。。少しの痛みで打撲だと放置してたけど、、、昨日夕方から突然急激な痛み。。さっきまでできた抱っこがあさひを持ち上げられない。ただの打撲と思ってた脇腹が全体痛み出し、、、息吸うのも、かがむのも寝返りも打てないほどに。夜中の授乳も一苦労。寝返りから座りの姿勢にもってくまでが歯を食いしばるほど、冷や汗かくほど痛いのだ。。。幸い、あさひはよく寝てくれて、授乳も夜中の12時と3時のみ。朝を待って、近くの整形外科へ3人で。レントゲンの結果、やっぱり肋骨が骨折してた。しかもずれてた。ショック。。。ガーン。全治3〜4週間。はあ(>_<;)たったあれだけの打ち身が骨折に、、、?夜中の添い乳も左を下にして伸びた時に若干ぴきっといったし、、、あさひにも思いっきり一撃を食らわされたけど、、まさか、まさかの骨折なんて。。。授乳中のカルシウム不足。ワタシの栄養があさひに移行し、プクプクに育ち喜びのさなか、ワタシは風邪を二度もひき、ついには骨折。しかも抱っこができない、、そのうえ自分でさえ見動きとれない。。
激痛のその日、2、3日前から若干の痛みを訴えてたワタシにりょうパパはカルシウムにいいというドリアを作ってくれた。カルシウムにはビタミンDを一緒に取らなきゃ吸収されないんだってと。きのこたっぷりベシャメルソースで。ホントにおいしかった。毎回腕をあげてる。。。そして翌日骨折発覚!ああ時すでに遅し、間に合わなかったよ。。。
尾骨骨折に続く肋骨骨折、、、、診察室でそれを告げられたとき、ワタシの頭の中はなぜか“ホネホネロック”が延々とかかってた。ホ−ネホネロックホ−ネホネロック、、、♪(←なつかしい)またしても、りょうパパの仕事が増えた。風邪とはちがって、ワタシもあさひも二人でねんね状態。。申し訳ないなー。整形外科の待合室においてあった“骨に効くレシピ”の紙を持ち帰り、夕飯を作ってくれた。
後厄とはいえ、出産すると厄落としになると聞いてたけど、、、ならばこれくらいで済んでいるのか?出産、育児ってこんなに身体をすり減らして大変なものなのか、、、?
ああ、次から次と災難続き。これでおわりにしてほしい。早く丈夫な元気なママになってあさひとおでかけしたいのに、、、。
[PR]
by macaron5 | 2006-08-12 14:28 | 2ヶ月
毎回見て驚かされ、ボロボロ泣かされる番組。一生に一度いつか会えるものなら会ってみたい人…江原啓之。
天国から手紙が来たらどんなにいいだろうと思う。その事で救われることはたくさんある。あの時大事な人は何を言いたかったのか…それが聞けたら。今の自分に言いたい事はないか…それが聞けたら。自分に迷いがある時…それに答えてくれたら。それが全てかなわないのが人間なんだけど。わからないから迷ったり探ったりあの人の想いをついで、あの人の分まで生きようと思う。そしてそれを繰り返す。

あさひが産まれて親子…家族になった今となっては一層当たり前のこの日々を大切にしなければいけないと思い知らされる。人はみんな最期の時を知らない。ずーっと先の大往生かもしれないし、ある日突然なのかもしれない。父の死はあまりにも突然だった。まだみんな幼かったし途方にくれて夢にでもでてきてほしいとさえ思った。結局夢に現れる事はなかったけど。ワタシの妊娠がわかると同時におばあちゃんの夢に父がでて誰かの出産立会いシーンだったと聞いて、父がおばあちゃんにワタシの妊娠を知らせに来たのだと思った。あさひはどことなく父に似てる。夢の事もあって、15年かけてあさひに生まれ変わったのではないかとりょうちゃんは言う。だとしたら今度こそ長生きしてほしいと思う。江原さんは人生は長い短いではなくどれだけ“込める”かだと言ってた。息子に先立たれたおばあちゃんは悲しい。夫に先立たれた母も悲しい。早くに父を失った子も悲しい。いつか誰もが逝くのは判ってても別れは悲しい事だ。あさひに悲しい思いはさせたくない。人の寿命は決まっていてそれが課せられた運命なのだけど…。結局悔いのないような毎日を生きるしかない。
あさひと親子三人…いつまでも当たり前のこのセイカツが長く続くよう、悔いのない毎日を送るよう…みんなで笑って過ごそう。その時がいつだってきっと振り返れば悔いは残る。あんな事言わなきゃ良かったとか、我慢しないであれ食べときゃ良かったとか…ね。
[PR]
by macaron5 | 2006-08-09 00:34 | 2ヶ月
日曜日に品川にある大型スーパー、ジャスコに車で買い物。
めちゃくちゃ混んでた。夏休みだからか子連れが多く、行くとこないと、こういうとこ来るんだぁッて感じ。確かにここにくれば子供遊びスペースもあるし、ひととおり家族のなにかしらは揃えられるし、食べれるし。。。
あさひは、家を一歩外、に出たり、お客さんが家に訪ねてくるとおとなしい。。今日もおとなしく、初めてのスーパーの店内を見渡してた。途中、赤ちゃん売り場の横にある赤ちゃん休憩所で授乳とおむつ替えをした。大型スーパーやデパートとかはこういう設備があるから安心して出かけられる。ギャーギャー泣き出す赤ちゃんの中でもあさひはおりこうさんにおとなしく、かといって寝るでもなくお乳を飲んで、ひと休み。
f0070875_223138.jpg

身長測定があった。身長58.5cm。
f0070875_2255814.jpg

体重計もあった。5900g。洋服とおむつ抜いたら5700gくらいかな?
体重計からはみ出す程大きくなった。生まれた頃はこの体重計が大きくみえたのに。
f0070875_2294384.jpg

ついでにおむつも変えましょね〜。
本当休日は来るもんじゃないね。。。。
f0070875_2218896.jpg

ほらほら、帰ったとたんぐずりだした。
あさひ、おつかれさまね。

★追伸
昨日書き忘れたけど、ベッカライ徳太郎がカフェをオープンするらしい。たまプラーザよりあたりだとか。。。すっごい楽しみ。場所も日にちも未定らしいけど、、オープンしたら絶対行きたい!絶対おいしいはず。
[PR]
by macaron5 | 2006-08-07 22:01 | 2ヶ月